我が家の断乳記録~前篇~

またまた前回の更新から日が空いてしまいました(汗)。

ハルチン、来月の2歳の誕生日までカウントダウン入っています。

いやぁ・・・・・・・早いッ!!。


そんな2歳を目前に、今月初旬に家族で大きなイベントに臨みました!。

そう、3月といえば卒業シーズンですが、ハルチンもめでたくこのたびオッパイを
卒業しました(*^_^*)。

断乳をしてから今日で19日目です。

既に断乳後の生活リズムも整い、夜も割とまとまって寝てくれるようになったハルチン。

先に断乳をしていたママ友に「ものすごく楽だよ~」と言われていた通り、
私は体力的にも精神的にもとっても楽になりました♪。
お酒も飲んでます。ヒヒヒ・・・。

このへんで断乳期間の記録を忘れないうちに残しておこうと思います。
本当に良い思い出です^m^。

長いです。興味のある方はどうぞ!!

****************************************

一歳を過ぎた頃から「断乳」の2文字は
常に私の中にぐるぐるとありました。

そう、ハルチンはスーパーおっぱい星人。
夜間の頻回授乳で慢性の睡眠不足に陥り、疲れがたまりイライラがピークに達すると
『ああ、断乳したいなぁ!!』と思う日々でした。

子育てブログの断乳の記事や、母乳育児関連のHPをネットサーフィンして情報を集めたり
ダンナとも話し合ったりして、色々時期を模索。

そして2度ほど、『やろう!!』と思ったこともがあったのですが、結局実行には至らず。
そう、なかなか最終的な踏ん切りが私の中でつかなかったのです(^_^;)。

授乳は大変なこともあるけど、やはり親子の幸せなコミュニケーションでもあるわけで・・・。
私の方にも、授乳に対しての未練があったことが大きかったかなぁ。
それにハルチンがこんなに欲しているのに、それを私の都合で断って
しまってよいのかなぁとか。そんな迷いもあったりして。

それがここ2ヶ月くらいで、私の中で自然に、『もうそろそろいいかなぁ』と
スッと思えるようになってきていました。

一番大きいのはハルチンの成長ぶり。体格も平均以上で動きも活発。
偏食ぶりは相変わらずですが、以前に比べたら食べるものの幅も
広がってきており、お腹がすくとおっぱいではなく、食べ物をほしがるようにも
なってきていました。

授乳回数は相変わらず頻回ですが、
そろそろおっぱいを卒業しても大丈夫だなと思えるようになってきたのです。

そして私の方も、もう母乳育児を心行くまでやりきった感があり。
色々なことのタイミングが合い、機が熟したという感じです。


断乳の方法については、とある助産師さんのHPをざっくりと
参考にさせてもらいました。

おもには一ヶ月前からの言い聞かせやカレンダーを使ってのカウントダウンです。
カレンダーにはチューリップのお花のシールを貼ってカウントダウンしていき
『このお花がオッパイにでてきたら、オッパイとバイバイだよ』と
ハルチンに言い聞かせていましたが、ハルチンの反応は
分かっているのかいないのか、極めて微妙でした(^_^;)。

そしてとうとう断乳初日!。
その日はちょうど週一回の子育てサークルの日だったので、
出かける前の授乳を最後にしようと決めていました。

朝起きてから授乳するたびに
『今日で最後だからね。たくさん飲みなね。』と最後の言い聞かせ。

そして時間的にとうとう最後の授乳に・・・・。
『これで最後だからね~。今までたくさん飲んでくれてありがとうね。』と
言いながら、私、切なくて寂しくて泣きました(^_^;)。
あんなに早くやめたいって思っていたのにね。

ハルチンは片方だけ少し飲んで、そのまま離れていこうとしたので
『これが最後だよ。もういいの?』と聞いたら、戻ってきて、
もう片方を割と長い時間かけて飲んでいました。
そして飲み終わったら、オッパイに向かってニコニコと手を振り、
すっと私の服をおろしてしまいました。

その様子が全てを分かって受け入れている感じで、いつものハルチンより
ずっと大人びてみえて、私の方がビックリでした。

そして私はトイレに行き、サインペンで自分のオッパイにチューリップの絵を書いて
戻ってハルチンに見せました。
『ハルチンがたくさん飲んでくれたから、ママのオッパイお花になったよー』と言ったら
ハルチンはその絵を見て大喜び!。

『おはなー!!』と言いながら、ニコニコ笑って、またそのお花の絵に向かって
バイバイと手を振っていました。

なんだかその様子が、本当に穏やかで大人で、私は親バカながら
娘の成長ぶりにひたすら感動していました(笑)。

なんだろう、ハルチンって言葉が特別早いわけでもないし
割ときかない性格で、友達にオモチャを貸せない。人のもっているものをすぐに横取りする。

万事そんな感じなので、断乳の言い聞かせをしていても、私の中で
うまくいくんだろうか・・・と少し半信半疑だったりもしたのです。
ごねられて相当てこずるのではないか、とか。

だけどハルチンは、そして1歳11ヶ月は、私が思う以上にずっと大人なんだなと実感。
『小さいからまだ分からないだろう』ではなくて、きちんと尊重して
向き合っていかなければいけないなぁと改めて思いました。

f0171541_2346131.jpg

断乳の日の朝、オッパイバイバイ後もゴキゲンに遊ぶハルチン。

そんなわけで静かな感動を抱えながら子育てサークルへGO。
サークルでもずっとゴキゲンに遊んでいました。
昼食後に一回だけ、私の方に来て遠慮がちに小さい声で「パッパイ・・・・」と
求めてきましたが、「今日バイバイしたよね。お花になったよね?」と言うと
理解したようで、それ以上は求めてこず、また遊び始めました。

子育てサークルを一時半くらいに出て、そのままドライブでハルチンを
昼寝させました。

家での寝かしつけは昼寝も夜もオッパイでしか寝られないハルチン。
でも車ではスムーズに寝てくれるので、昼寝はこれでクリア。

問題は夜なのですね。

実は断乳初日の夜の寝かしつけは、ダンナに丸投げする予定でした(笑)。
私はダンナの部屋で、お酒でもかっくらって、一人で寝る予定で
いたのです。

だってママ=オッパイだから、私が近くにいると逆に泣いてぐずって
寝られないかな、なんて思ったりして。

翌日はダンナは仕事が遅番だったので、昼間にゆっくりしてもらおうと思っていました。

が、思いがけなくハルチンの成長ぶりを目の当たりにし、すっかり感動した私は
これはしっかり私も付き合わなければという気持ちに。

『今夜の寝かしつけ、私も一緒にやるよ』と言ったときのダンナの
ホッとした顔と言ったら(笑)。

そんなわけで夜。
ここまではハルチン、おっぱいをほしがらず、ぐずりもせず順調にきました。

いつもだったら8時半くらいには寝室に行って
部屋を暗くして寝かしつけ態勢に入るのですが、この日はハルチンが
眠くなるまで一緒に遊びます。

そしてようやく目をこすり始めた9時半頃に、寝室に連れて行き、電気を消し
暗くしたら。。。。

ぐずり始めました(+_+)。

オッパイは欲しがらないのですが、やはりどうやって寝て良いのか分からず
辛いのでしょう。

抱っこで寝かしつけしようと抱き上げたら、大泣きで抱っこも拒否。
しきりに居間の方に行きたがるので、仕方なく居間へ。

そしてテレビをつけろと要求するハルチン。

やっぱり・・・・。

日頃からNHKのEテレの子供番組が大大大好きなハルチン。
断乳期間中は今まで以上に
Eテレのお世話になるだろうなと予想していました(^_^;)。

まぁ初日は仕方ないと、子供番組の録画をつけると
おとなしくテレビを観始めました。

そんなこんなで1時間近くテレビを見せたら、そのまま寝入ってしまったので
抱っこして寝室へ。布団に置いても起きずに寝ているので
ここで私とダンナも消灯。


・・・・・・・・・・・


そして3時間後の深夜1時過ぎ。ハルチン、再度お目覚めになりました。

今度は初めから号泣です(+_+)。

そして『パッパイ!パッパイ!』とオッパイご所望。
『オッパイお花になったよね?バイバイしたよね?』

と言うと号泣しながら『あっちーーーー!!あっちーーーーー!』と居間を
指差し行きたがるハルチン。

仕方ないので居間へ。そしてまたテレビの要求。
そんなわけでまずは私がハルチンに付き添い居間でテレビタイム。

その間やはり口寂しいようで、色々要求されるので
バナナやヨーグルトなどを食べさせていました。

今回はなかなかそのまま寝てくれず、結局明け方4時くらいにダンナとチェンジ。
ダンナと交代して20分ほどたったら、ハルチンまたテレビを観ながら寝てくれたようです。

そんなこんなでやはり夜は非常に苦労した初日でした。

長くなったので、続きは後編で~。
記憶が薄れないうちに更新しなくては(汗)。

f0171541_23483213.jpg

ドライブでお昼寝させながら、海の見える駐車場へ。
娘の成長にしみじみと感動しながら眺めた冬の海。
[PR]

by fromtakatu | 2012-03-11 14:54 | 断乳記録 | Comments(0)  

<< 我が家の断乳記録~後編~ ひな祭り >>