カテゴリ:温泉♪( 4 )

 

またまた温泉。

f0171541_0142550.jpg


もう一週間前の話になりますが、先月の登別温泉に次いで
北湯沢の温泉に家族で一泊してきました。

子育てサークルから帰ってきて、午後3時くらいに出発という
いつものご近所温泉旅行のパターンです。

先月の温泉で、すっかり温泉が大好きになったハルチンは、
出発前からとても嬉しそう。

部屋に着いた途端
『温泉に行こう!。早く行こうよ!!。』と騒ぎ立て、そっこうで温泉に入りに
行かされました(^_^;)。
大人はお茶でも飲んで一服したいところなんだけど、
相手は食休みもいらない2歳児ですからね。まぁ仕方なし。

温泉気持ち良かったです。泉質はやはり登別ですが
自宅を離れ大きなお風呂でノンビリのリフレッシュ効果は
何にも代えがたい・・・・。
ハルチンが落ち着いて入ってくれるようになって本当に良かったよ・・・。

夜はビュッフェ。途中でハルチンがもぞもぞしだし
何かと思ったら、ウ○チをしたくなったもよう。
レストランにオムツも持参していないし、一旦私とハルチンで部屋まで戻り
オムツ替えをして、また出直すハメに(^_^;)。

うん、まぁでも一歳の頃に比べれば、だいぶゆっくりできるようになった!。

しかし最近、オムツ替えやお風呂といったお世話系は
めっきり私を指定するようになり、私がいる限りは
ダンナが世話を焼くのは一切拒否するようになったハルチン。

たまにはお父さんとお風呂に入ろうよ・・・・。

ちなみに自宅にいるときの、夜ごはんのお世話はダンナ担当です。
スタートしてから3分くらいで、『おとーしゃんのひざにのる』と言い出し
魚のとりわけやら、ごはんあーんやら、お茶のおかわりやら、
全てダンナがやらされてます。
私が下手に手を出そうものなら、『おかーしゃんはいいの!!』と一喝されます。

これは私にとってはシメシメな感じなんですがね^m^。
おかげで夜ごはんはゆっくり食べられるようになりました。

ちょいと話はそれましたが、そんな感じで温泉旅行、ゆっくり楽しんできました。
やっぱり温泉っていいな~。また近いうち行きたいけど無理だろうな(^_^;)。
次は第二子が生まれて少し落ち着いてからかな。
[PR]

by fromtakatu | 2013-03-21 00:35 | 温泉♪ | Comments(0)  

登別の夜。

今日はぎりぎり9時台に寝てくれた・・・・。
ここ数日は寝かしつけで粘りに粘るようになり、
10時オーバーになってしまうことも珍しくありません。

つい最近まで8時台に寝てくれていたのに。
もう遠い昔のことのようです(哀)。

***************

f0171541_22243438.jpg


前回の記事でも書いたように、先日登別温泉に一泊してきました。
ハルチンを連れての一泊旅行は、夏のニセコ以来。

一番の懸案事項は大浴場だったのですが
(今までは場所見知りで脱衣所から先に進めなかったり、入っても湯温が高くて
湯船につかれなかったり・・・・)
今回は難なくクリアしました!。
大きな温泉ホテルで、湯船もいくつかあり、ハルチンにちょうど良い
ぬるめの大きな湯船があり、そこに喜んでかなり長いこと入って
くれていました。
おかげで私もゆっくりお湯につかれました。
良かった良かった。

夕食はバイキング。まぁ以前に比べたらだいぶ落ち着いては
食べられるようになりましたが、それでも自分の食事が済むと
即座に椅子から飛び降り、徘徊するところは依然変わらず。

私はいかにハルチンを飽きさせずに食べさせ続けるかに気を配り、
なかなか自分の食事をゆっくり楽しむレベルには到達できず。

種類も豊富だったし、けっこうおいしかったから
もっとゆっくり吟味して食べたかったな~。

それでもだいぶ旅全般をゆっくり楽しめるようにはなったと思います。

しかし、一番の問題は夜でした・・・・。

生後数か月の頃から、ハルチンの寝かしつけはずっと私。
ダンナは別室で一人で寝ていました。
そのせいか、ここ数か月くらい、夜の寝かしつけの時間帯に、ダンナが部屋に
いることさえ、ハルチンは嫌がるように(~_~;)。

今回の旅行ではどうなることやらと思っていましたが、
幸い部屋には、上の写真にも写っている、障子で仕切ることのできる
休憩スペースがあったので、寝かしつけ中はダンナがそこに避難して晩酌。

ハルチンを寝かしつけた後は、私もここでダンナと話をしながら
くつろぎのひとときを過ごしました。

そして問題が起きたのは就寝後。
私もダンナも寝てから1時間くらいたった深夜一時くらいでしょうか。
寝ぼけて目覚めたハルチン。
いつもなら私が添い寝すれば、またすぐに寝入るのですが、
このときは『オムツ替える!!』と言い出し・・・・。

電気をつけてオムツ交換を始めたら、ハルチン、同じ部屋にダンナが
いることに気付いてしまいました。

そして泣いてダンナを押しやり「あっちーーーーーー!!!!」
(あっち行け)


あぁぁぁぁぁぁ、一番恐れていたことだよ・・・・((+_+))。

ダンナは仕方がないので、毛布を抱えて、窓際の休憩スペースだと寒いので
今度は玄関スペースに一時避難。

私も早くハルチンを寝かしつけて、ダンナを呼び戻さなければとあせりましたが、
興奮したハルチンはなかなか寝付かずに、結局ダンナは一時間くらい
玄関スペースにいることを余儀なくされました。

翌朝は3人そろって寝不足でした。
やはりまだまだ手ごわい2歳児連れの旅行。

実は来月もまた温泉に一泊で行く予定ですが、次回は和洋室だから
なんとかなるかな~(^_^;)。
[PR]

by fromtakatu | 2013-02-24 23:02 | 温泉♪ | Comments(2)  

休日温泉

f0171541_2291667.jpg

またまた温泉で癒されてきました^m^。
我が家から車で片道30分ほどのところにある温泉ホテル。
施設自体は古いんですが、太平洋を一望する露天が
解放感あって気持ち良くて最高なのです!!。
トロっとした泉質や熱すぎない湯温も好みな感じ。

今日もハルチンの面倒をダンナと交替で見ながら
一人ずつ入浴タイム。
さわやかな風に吹かれ、海を眺めながら入る温泉は
やっぱり格別ですね。
私が入浴を済ませて車に戻ってきたら、お腹をすかせた
ハルチンがぐずぐずしていました(^_^;)。
親ばかり楽しんで申し訳ないね。でもこのリフレッシュがあるのと
ないのとでは、子育てに注げるパワーも変わってくるので
勘弁してね。
帰りの車の中でダンナとの会話。たった片道30分で、この
旅したような充足感はちょっと東京ではないよね~と。
そうは言いつつ渋谷の人ごみも恋しくはある
二人ですが(^_^;)。
[PR]

by fromtakatu | 2010-11-20 22:21 | 温泉♪ | Comments(4)  

カルルス温泉♪

この土日はあいにくの雨模様。
気温も下がり肌寒いです。
ストーブを久々につけてしまいました(^_^;)。

まぁそうは言っても土曜日は一週間に一度の貴重な私達の休日。
昨日もモリッと出かけてきましたよ^m^。

行き先はカルルス温泉の日帰り湯~♪。

カルルスって、以前ツムラの入浴剤の名湯シリーズで
登別カルルスってありましたよね。
あれです、あれ。

ただあの入浴剤は乳白色だったと思いますが、
実際のカルルス温泉は無色透明のお湯なのです。

登別温泉から車で15分くらいのところにカルルス温泉は
あります。山の中のひっそりとした温泉郷で
周りにお店なんてありません。
静かで鳥の声と木々が風に揺れる
音だけが聞こえて、なんとも癒されますよ(#^.^#)。

このカルルス温泉でリピートしているのが山静館です。

f0171541_1831140.jpg


2階建てのこじんまりとした旅館。割と設備は新しくて
とても清潔感があるところが◎ですね。
時にワイルド(色んな意味で)な温泉にも行ったりしますが、
基本女の子(?)なので
やっぱり清潔感のある施設は居心地良くて安心します(^u^)。
それと、こじんまりとした旅館ながら、シャンプーや化粧水、そして
顔のピーリングジェルといったアメニティグッズも充実していて
それも女の子(?)としては嬉しい限り。

日帰り湯がスタートのお昼12時ジャストに入館!
男湯、女湯とも私達が第一号の客で貸切状態でした♪

f0171541_187250.jpg


ここの露天風呂が大好きなのです。
4人も入ればいっぱいの小さい露天ですが
緑に囲まれたロケーションがほんっっっっとに気持ちよいのです!

昨日は赤と白のつつじが目を楽しませてくれました。

f0171541_18104021.jpg


露天に入りながら上を見上げると、青々とした緑に
なんとも癒されます。

最後まで貸切で温泉を満喫。
途中隣の男湯の露天から、『あははっはっは~』という
高らかなダンナの笑い声が塀越しに聞こえてきて、
ビックリしてどうしたのかと聞いたら
あまりの気持ちよさに笑えてきたそうです(^_^;)。

温泉をたっぷり楽しんだ後は、登別温泉の温泉街の
『福庵』さんというお気に入りのお蕎麦屋さんで
お蕎麦&天丼のお気に入りセットで
ランチしました。
f0171541_18191794.jpg


ここの蕎麦ツユ&天丼のタレ、サイコー!

おいしいもの食べるとまた気力がグンとアップ!

良い休日を過ごせました!
次はどこの日帰り湯に行こうかな~(^u^)。
[PR]

by fromtakatu | 2009-05-31 18:26 | 温泉♪ | Comments(6)