Kitanohibiki


北海道生活8年目。子育てや日々の出来事の記録。
by fromtakatu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:旅日記( 13 )

友達一家が来ました2010!

ほぼ毎年のこの時期の恒例行事になってきた
友人一家の訪問。
今年も来てくれました~^m^。

到着の日はなんとザ・大雪!!
私の住む街は、北海道の中でも雪の少ない地域なので
ここまでの大雪は珍しいのです。
地元の私達にとっては大雪なんて
「もうやめてくれよー((+_+))」ってウンザリ以外のなにものでもないのですが
東京から来た子供達には(友人にも)
新鮮な風景のようで、ものすごく喜んでくれていました(#^.^#)。

f0171541_1302056.jpg

家の駐車場にて雪合戦。次女の顔面に雪玉直撃・・・・。
あ、さすがに私は妊婦ッ腹なので、雪合戦は自重しました。

次女4歳。かなり元気であっけらかんとした
典型的な末っ子キャラ。
一つ笑えるエピソードが^m^。
この次女、もう一人で用は足せるらしいのですが、
付き添いがほしかったみたいで、ダンナを伴ってトイレに入っていきました。

数分後、2人でトイレから出てくると、だんなが一言。
「オレ、初めて尻をふいたよ」
私はてっきり小さいほうなのかなと思ってその場では流して
聞いていたのですが
後でよくよく聞いたら、なんとうんちだったみたいです。

いきなりポコポコとうんちをしたと思ったら
お尻をつきだされて「ふいて」と言われたそう。
しかも拭きおわったら、次女は「あ~!気持ちイイ」と満足げだったそう。

いやぁ、女の私でさえ、子供のうんちのお尻ふきってしたことないので
ダンナ、よく頑張ったと思います。
良い実践が積めたもんだ。誉めておいてあげました(笑)。

そんなあっけらかんキャラの次女と比べて
長女7歳は大人びて繊細な感じ。

そう、この長女が去年の滞在で、うちのダンナのことを
いたく気に入り、最後には涙涙のお別れだったのです。

今回も再会をすごく楽しみにしてくれていたよう。
なんと再会したその日に、3日後の別れのときを
思い、切なくなり涙ぐむという繊細さ(!!)。

かたや「あ~!気持ちイイ」の妹。姉妹っておもしろいですねぇ。

****************

我が家で一泊した次の日は洞爺湖に移動。
洞爺湖万世閣レイクサイドテラスに宿をとり
温泉と美しい雪景色を楽しみました!

f0171541_132342100.jpg

子供達はひたすら「雪があれば心配ないさ~」といった感じで
雪遊びに徹していました(^u^)。


今は日本全国どこに行ってもそうなのかもしれませんが
登別や洞爺といったこの辺りの観光地では
中国人&韓国人観光客が圧倒的に多いのです。

今回私は妊娠8ヶ月の妊婦ッ腹。
妊娠初期と後期って温泉の禁忌に書いてあったりするんですが
事前にネットであれこれ調べたら、特に根拠はないようだし
体調も良いので、あまり長湯をしないということで
大浴場に2回ほど入りに行きました。

そうするとね、この方たちがガン見してくるのですよ、私のお腹を。
日本人ってそういうとき遠慮がちな視線をチラっと投げかけて
終ると思うんですが、違うんですよね~。
「はい!わたし見てますよ!」という遠慮のない視線をかなり長いこと
浴びることに(^_^;)。


そんなこんなで大人3人、子供2人。賑やかで濃い3日間でした。
最終日は青空のもと、最後の湖畔での雪遊びを楽しんだ後、
千歳空港まで送り、サヨナラをしました。

家族ぐるみの付き合いってなんか賑やかで温かくて良いですね。
いつまでもこういう付き合いを続けていきたいなぁと
しみじみ思いました。
[PR]
by fromtakatu | 2010-01-10 13:41 | 旅日記 | Comments(2)

夏の小樽旅行~ホテル編~

どんだけ小樽ネタで引っ張るの~!!どんだけ~!!

これで最後です(^_^;)。

今回小樽の宿は
天然温泉灯りの湯 ドーミーインPREMIUM小樽に宿泊しました!

じゃらんネットで口コミが良かったので♪。
なんと今年の6月にオープンしてたのホヤホヤです。
しかも小樽駅前徒歩1分という好立地です!

ドーミンインといえば、全国展開するビジネスホテルチェーンですが
ここの小樽はPREMIUMとついているだけあって、
設備・雰囲気ともなかなかしゃれています(#^.^#)。

そしてなんといってもこのホテルの最大の魅力は豊富な大浴場!!
檜風呂あり、岩風呂あり。
最近すっかり温泉に慣れてしまったため、
ホテルのユニットバスでは物足りないんですよね。
やはり大きなお風呂で疲れを癒したい。

f0171541_1643650.jpg


今回の私達のホテルの部屋です。
ファミリータイプの和洋室にしました(^u^)。
畳のくつろぎスペースがポイントですね。もう少しお値段の安い
通常のツインタイプもあったのですが、どうしてもこの畳に
引かれてこの部屋にしちゃいました。日本人だなぁ。
ちょっと外出するのがもったいなく感じてしまう
居心地の良いお部屋でした。

f0171541_16472258.jpg

ホテルの窓から小樽駅が。目の前です。

最後にオマケ。

f0171541_1655266.jpg

小樽の硝子屋さんで買ったペアのイカちゃん。
あまりの小ささにこれ以上近づいて撮るのが無理でした。
マクロレンズ買わなきゃ
このユルさ。。。。。癒されるぅ~。
[PR]
by fromtakatu | 2009-07-23 16:58 | 旅日記 | Comments(4)

夏の小樽旅行~2日目~

二日目で~す。

天気はあいにくの曇り空。予報では午後から雨ですと(;O;)。

本当は晴れたら二日目は積丹半島にドライブに行く予定
だったんですが、今回はあいにくの天候の為諦めました。

というわけで二日目ももりもり小樽探訪。
f0171541_17223665.jpg

こんな味のある建物が目を楽しませてくれます♪。

小樽のメインストリートを歩いていると
魅力的な食べ物の数々が^m^。

魚介類を扱っているお店の店頭で
網焼きにしてホタテツブうにだを
食べさせてくれるところを発見。

ほたて食べました。ジューシーでうますぎです~\(~o~)/。
f0171541_17114637.jpg


その後はお煎餅屋で串にささったぬれせんべいを買い食い。
これもおいしい。

こうやって色んなお店のものをちょこちょこつまみながら歩くというのも
また小樽、楽しいです(#^.^#)。

歩きまくって疲れたので、ブレイクタイムにお茶することに。
言わずと知れた「Le TAO」
f0171541_17212253.jpg


ここはもう全国区の有名店ですよね~。北海道展があると、
ここの「ドゥーブルフロマージュ」というチーズケーキが即売に
なっているという話です。

ケーキセットをオーダー。ダンナがドゥーブルフロマージュを。
私はレアチーズケーキの上に果肉たっぷりのグレープフルーツのジュレが
のっているものをオーダー。
実はLe TAOのケーキを食べるのは今回が初めて。
ものすっごくおいしかったです~!!!!!
ここのケーキすごい好きかも。他にもおいしそうな
フルーツロールケーキなど色々あったので、全部制覇してみたい!!。

お昼はお約束の海鮮丼。
本当は積丹でウニ丼食べるはずだったんだけどな~。
でもこちらもおいしかったです。
f0171541_17221452.jpg


f0171541_17233218.jpg

シメに旭展望台から小樽の街を眺めました。
うーん、楽しかったな。またのんびり散策しに来たいです。
[PR]
by fromtakatu | 2009-07-21 17:26 | 旅日記 | Comments(2)

夏の小樽旅行~1日目パート2~

富岡教会を後にした私達が向かったのは。。。。。

小樽の老舗洋菓子店。古いアーケード街の一角にあります。
あまとう

昔ながらのケーキ屋さんという感じの懐かしい佇まい。
一回がテイクアウトのショップで2階が喫茶室になっています。
そう、「カフェ」というより、喫茶室という響きが
断然しっくりくるお店ですね。
まったりとした昭和の香り漂う空間です。

そしていただいたのはこれ!!
お店の一番人気。クリームぜんざい。

f0171541_21595263.jpg


味わい深いけどさっぱり食べれるクリームと
濃厚な旨みの小豆と、もちもち求肥の三重奏~♪♪♪。

大変おいしゅうございました~~~(#^.^#)。


疲れもとれ、次のスポットへ!!
小樽の天狗山展望台。
ロープウェーでアクセスでき、小樽の街と海を
一望できる場所です。
珍しくダンナの方が行きたいと言ってきた場所です。

f0171541_221246.jpg



ここからの眺めが最高でした。展望台の右手には小樽の街と港。
左手のほうには積丹半島の海岸線がずっと広がります。

ちょうど夕暮時だったので、うすピンクのなんともいえない
美しい空と海の色。
うーん。北海道に来てからけっこう展望台は色々行っていますが
ここは私の中では一番かもしれません。
f0171541_22205454.jpg


そして時間の経過とともに燃えるような夕焼けに。
f0171541_222228100.jpg


空や夕焼けの写真って難しいですねぇ(^_^;)。実際はもっともっと
美しかったんですが~。
小樽に行く際は是非ここの展望台、おすすめですよ(^u^)。


そして小樽に夜がやってきました。
今日の夜ゴハンは~!!!

ここも小樽の老舗&名店
海猫屋

f0171541_2229859.jpg

かなりいい味出してるでしょ~、この外観。
この海猫屋は小説の舞台になったり、映画の撮影で使われたりと
小樽の街が持つ、異国的で文学的な雰囲気を象徴しているような
お店のように感じます。

お料理もおいしかった~!!!!
一部をご紹介。
f0171541_2232532.jpg

ニシンのマリネ。激うま~♪♪
f0171541_22321792.jpg

じゃがいものニョッキ ジェノベーゼ。もちうま~♪♪

他にも鮭のアクアパッツァ、渡り蟹のパスタ等大満足のお食事でした。

しかもホールの男の子がかなりのさわやかボーイ。
ホールを一人で切り盛りしている様子が好感度大でした。
普通頼んだものがなかなかこなかったりすると、途端にキレだす
サービスにはうるさいダンナも、彼に対しては
かなり好意的な視線を向けていました(^_^;)。

あんな子がうちのお店で働いてくれたら。。。。。

そんなわけで午後3時に始動し始めたとは思えないくらい
濃厚で充実した小樽の一日目。
次は二日目に続く~♪
[PR]
by fromtakatu | 2009-07-19 22:42 | 旅日記 | Comments(4)

夏の小樽旅行~1日目パート1~

この週末お休みをもらって一泊で
小樽に行ってきました(^O^)/。

この旅行を私達夫婦は本当に指折り数えて楽しみに
していたので、前日からちょっとおかしなテンションに
なっていました。

当日は朝は仕事に出て、お昼過ぎに小樽に向けて出発~♪。

一日目は快晴!!。青空と緑の中を気持ちよくドライブ。
スピッツを大音量で聴きながら小樽を目指します。

この仕事から解き放たれた開放感が
なんともいえね~~~

午後3時過ぎに小樽着。
ホテルにチェックインして、一休みをしたら早速観光に。

まず向かったのは富岡教会
ここは80年の歴史のあるカトリック教会
その建物は小樽の歴史的建造物になっています。
以前雑誌でこの教会を目にしたことがあり、
その素晴らしい佇まいに是非一度訪れて
みたかったのです。

f0171541_17345329.jpg

f0171541_17365016.jpg


荘厳な中にもどこかかわいらしい雰囲気があり
おとぎ話の中に出てくるような教会です。

通常は中の見学は午後3時までと決まっているようですが
たまたま教会の関係者の方がいらっしゃって
なんと親切にも3時を過ぎていたのに
鍵を開けて中を見せてくださいました。
ありがたい。

f0171541_1744117.jpg
f0171541_17442429.jpg

f0171541_17462072.jpg


そしてちょっとここで信じられないような
巡り合わせがあったのです。

偶然教会の関係者の方とのお話している中で、なんと翌日に
この教会で、ダンナの幼馴染のMさんが結婚式を挙げることが発覚。
これは本当にビックリしてしまいました。

Mさんは父親の転勤で20年ほど前に北海道から
本州に引っ越しており、ダンナもそれ以来
会ってなかったようです。
それがMさんの昔から縁のあった方が、ちょうどこの富岡教会に
いらっしゃるということで、北海道の小樽まで
式を挙げにきたとのことです。

こんな偶然あるものですねぇ!
私達がこの教会に来たのも全くの偶然ですし
来ても教会の関係者の方が通常通り帰ってしまっていたら
こんなことは分からずに終っていたことですし。

私は特に信仰心はないのですが、この時ばかりはちょっと神の力を
感じてしまいました。

ダンナは教会のポストカードにお祝いのメッセージを書き
教会の関係者の方に託していました(#^.^#)。

旅日記。次へ続きます~♪
[PR]
by fromtakatu | 2009-07-19 18:02 | 旅日記 | Comments(2)

友達とのキラキラ時間

f0171541_22234488.jpg


先週末、中学時代の親友が私の住む街へ遊びに来てくれました~!

メールや電話でマメに連絡は取っているのですが
会うのは実に2年ぶり!!

洞爺湖にドライブに行ってサミットの行われたウィンザーホテルの
ロビーをウロウロしたり
(とてもじゃないけど泊まれないからね)

登別に宿を取ってのんびり温泉を楽しんだり

我が家に泊まった夜は一緒にPCで
私が最近いまさらハマっている
オザケン(小沢健二よ)の画像をYouTubeで見まくったり
(友人もまた今さらハマッていました)

なんだかとっても楽しくキラキラとした3日間でした(#^.^#)。

登別の夜、温泉街の寂れた居酒屋で友人とふたり飲んでいた時に
なぜか私は母の若い頃の苦労話をしながら感極まって泣いて
しまいました(;O;)。

友人もつられて泣いていました(笑)。


久々に飲んだ熱燗の酔いのせいもありつつ

きっと気の置けない友人との楽しい時間で
心がほぐれまくっていたのでしょう。

親友との久々の再会に、2人の時間をなるべく大事にと
存在を消しまくって気を使ってくれていたダンナ君にも感謝♪♪
[PR]
by fromtakatu | 2009-04-22 22:28 | 旅日記 | Comments(0)

素晴らしき温泉休日

f0171541_22553691.jpg


ダンナの誕生日イベントとして、登別温泉に行ってきました。

温泉に向かう途中、BOOKOFFに立ち寄り
今回の温泉の友となる本を物色^m^。

静かな温泉宿で、まったりビールを飲みながら
ミステリーを読む。
最近の私の至福の過ごし方なのです。


ここのところずっと東野圭吾ばかり読んでいたので
ちょっと違う作家のものが読みたいなぁ。

ちょうど『迷ったときにはこれを読め』という、
過去にべストセラーになったり、直木賞を取ったりした
ミステリー小説を紹介しているコーナーがあったので、
その中から、高村薫の『マークスの山』をチョイスしました(#^.^#)。



温泉宿は『祝いの宿 登別グランドホテル』

老舗の大きな温泉旅館です。

ここの露天風呂、見事な滝があり、雰囲気抜群なのです。

ただし、滝のある露天は一つだけで、男湯と女湯が一日置きで交換になるので
日帰り湯で行くと、滝が見られない可能性もあるんですね~(゜o゜)。
気をつけましょう。

東京にいた頃はそんなに温泉って行く機会がなかったんですけど
せいぜい年1回の社員旅行で熱海とか・・・。

北海道に来たら温泉ってものすごーく身近で

『じゃあ今日は新宿に映画観にいくか』

みたいなノリで日帰り温泉に行けるんですよね。
(というか田舎町なので、他に娯楽がないというのも事実(;O;))


でも最近そうやって温泉に行きだすようになって
かなり温泉が大好きになってきました。

体の芯からホカホカと
温まるあの気持ちよさ!!

自然の風を感じながら温泉につかる
あのリフレッシュ感!!

サイコーーーーーーーーーーー!!!!!

前は全然泉質とか効能とか気にしてなかったけど、
最近は更衣室にあるそういった表示にものすごく食いつくように
なりましたよ(^_^;)。
そのうちウンチク語りだすかもしれません。


最近は登別近辺ばかりなので
もう少し季節良くなったらニセコの温泉にも
遠征したいな♪
[PR]
by fromtakatu | 2009-03-13 23:13 | 旅日記 | Comments(4)

友達が来た~~~!

先日東京の短大時代の友人が、3歳と6歳の娘を連れて
遊びに来てくれました!

去年同じ時期に来てくれた時には、一緒に札幌、旭山動物園を観光しました。
今年は我が家に一泊。二日目は登別温泉の旅館に一泊というスケジュール。

私のダンナはけっこう子供に好かれる方なので、
子守をしてくれればという狙いで、登別温泉にはダンナも巻き込んで
一緒に行くことにしていたのですが、
この狙いがもう的中というか、すごかったのです!!。
子供に好かれるというレベルではなく確実に愛されちゃってましたね(^_^;)。

どこに行くにも『○○くん(うちのダンナ)と一緒に行く~!!』
食事も『○○くんの隣で食べる~!!』ちょっとダンナの姿が見えないと『あれ、○○くんは??』

上のお姉ちゃんなんか『あ~、大人だったら○○くんと結婚するのになぁ』なんて
切なげに友人にもらしていたそうです。

f0171541_18185364.jpg


      ↑
旅館の移動もこんな感じです。その後ろを私が一人でトボトボ(笑)。まぁいいけどさ。

2泊目の登別温泉では、友人にたまにはゆっくり一人で温泉につかって
もらおうということで、私とダンナで子供2人を預かり、プールで
遊ばせました。
ドサクサに紛れて久々に自らスライダーなんて滑ってしまいました(#^.^#)。

2人の幼子の愛情を一身に浴び、ダンナもにわかに父性が目覚めたようで
かいがいしく子供達の世話を焼いていました。
そのおかげで、私と友人はゆっくりとおしゃべりを楽しむことができたかな。

そんなんだったので最後登別駅でのお別れは涙涙で大変でした。
下の子はまだ幼いので、あまりよく分かっていないようでしたが
お姉ちゃんがね、すごく泣いてしまって、そしたらダンナも泣き、
そして私もえいやぁ~もらい泣き。

友人の話では飛行機が北海道から離陸するときも、機内で一泣きした
ようです(#^.^#)。

かわいいな~。
子供の感情表現って素直でキラキラしてて、たまに目の当たりにすると
三十路の私には眩しい限りです。

f0171541_18353657.jpg


子供2人を連れてはるばる遊びに来てくれた友人にも感謝。
良い時間を過ごせました☆。
また来てね!
[PR]
by fromtakatu | 2009-01-11 18:45 | 旅日記 | Comments(2)

何もしない贅沢

f0171541_1910373.jpg

先週末、温泉一泊旅行に行ってきました。
この辺りの温泉地といえばやはり登別が有名ですが
今回は安くてお得なプランがあるということで
北湯沢という地味ぃな温泉地に行ってきました。

とにかく今回の旅のテーマは『ユル~く過ごす』。
ダンナはマンガを3,4冊。私は行く途中で東野圭吾の『白夜行』を買い
チェックイン時間の2時ジャストに宿に乗り込みました!

部屋は和洋室で広くてとってもきれい。窓からは山の雪景色を
眺めることが出来、落着きます。
自然の中にある旅館なのですごい静か。
この静けさがなんと贅沢に感じることか!!
普段は四六時中店のBGMが聴こえる、店の2階の住居に
身を置いているもので(^_^;)。

ここで各々ビールを飲みながら読書タイム。
そして夕飯前に温泉につかって
食後はダンナのカラオケに付き合い、その後は旅館内の
ゲームセンターで太鼓の達人に燃え、
また部屋でお酒を飲みなおしてテレビを見て。
ダラダラダラダラダラとした贅沢時間を堪能しました(^_^)v。

あーーーーーーー!!すっごい楽しかった♪♪♪

ちなみに今回の宿は北湯沢の第二名水亭。
一人一泊二食付で5550円というビックリたまげるくらい安い価格でした。
余分なサービスを省いてその分値段に還元しているという感じのお宿でした。
でも新しくてきれいだし、対応も明るくて感じ良いし、
お値段以上♪♪でしたよー。
何より私達のコンセプトまったりダラダラにぴったりのお宿でした。
再訪、誓う(^_^)v。
[PR]
by fromtakatu | 2008-12-04 19:12 | 旅日記 | Comments(2)

女2人旅*美瑛編

またまた先日の友人との旅の話ですが。今回は美瑛編です。

美瑛といえば日本中の人が憧れる超人気観光地だと思いますが、
私は今回が初めてでした♪。
独身の頃は海外国内問わずよく旅行していたんですが
北海道ってほとんど行ってなかったんですよね~。
理由はよく分かっています。車がなきゃ回りにくいというのが
いまいち免許のない私にはアクセスしにくかったんです!!

そんな私も北海道民になり、車のない生活は不便でしょうがないので
無事免許取得しましたがね<(_ _)>。

そんなわけで初美瑛!
f0171541_2242274.jpg


気持ちいーい!!と思わず両手を広げたくなってしまうような
そんな風景が広がります。

パッチワークの丘とはよくいったもんで、黄色や緑の畑が本当にパッチワークみたい。
非常に洗練されていて外国のような景色だなぁ。

f0171541_22462063.jpg


圧巻だったのが色彩の丘のこの花畑!!
数年前にやっていた、山田優とかが出ていたフジフィルムのCMって
ここで撮影されたよう。
まさに思い描いていた美瑛のイメージそのものの花畑だったな。

f0171541_22485174.jpg


ピンクのグラデーションが見事!!
広い北海道ではどんな絶景スポットでも、広いだけあって意外に観光客って
そんなにいなかったりするんだけど
(ほら、関東近郊の観光地なんて休日ともなると人でごったがえして
すごいでしょ?(゜o゜))
さすがにこの色彩の丘は大盛況でしたね。


ランチタイムは美瑛の超有名カフェ、Goshへ!!
ガイドブックにものっているし、いろんな方のブログでも紹介されていて
是非今回の旅で行ってみたいお店の一つだったのです!!
ランチタイムの時間は思い切り外していたのですが
それでもお店は大繁盛!!
お店はかわいらしくて落着く雰囲気でしたが、私達は天気も良かったので
テラス席へ。

f0171541_2256663.jpg
f0171541_22563096.jpg


私はブルーチーズとハムのサンドイッチを頂きました!!
ハムも地元の有名店が作っているハムのようです。
とってもおいしかったけど欲を言えばブルーチーズの存在感が
もっとほしかったかなぁ。
他にも色んなサンドイッチがあるので、また来て是非食べてみたいな。
[PR]
by fromtakatu | 2008-09-25 23:01 | 旅日記 | Comments(0)
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
megさん お久しぶり..
by fromtakatu at 23:19
ひさしぶりにのぞかせてい..
by meg at 12:58
ピノさん、コメントありが..
by fromtakatu at 23:38
私も久しぶりにお会いした..
by ピノ at 20:11
エリツィンさん 苦労し..
by fromtakatu at 23:24
エリツィンさん ありが..
by fromtakatu at 23:23
エリツィンさん あの夜..
by fromtakatu at 23:22
妹弟ができると赤ちゃん返..
by happy-eritwin at 21:32
素敵な制作だね!
by happy-eritwin at 21:27
旦那様には気の毒な思い出..
by happy-eritwin at 21:26
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧