<   2009年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

最近の大笑い

f0171541_1715208.jpg


母が送ってきてくれた写メール。
小学一年生の甥っこが描いたうちの父の似顔絵です。

昔から甥っ子には絵心があると思っていましたが
この絵には本当に笑いました。

皺とか耳の形とか、ものすごく絶妙なんですけど!!。
よく特徴を捉えてるよなぁ。ソックリだよ。

そして絶対甥っこに、私の似顔絵は描かせまいとも
思ったのでした。残酷なまでにはっきりと
特徴を捉えられそうで恐いンだもん((+_+))。
[PR]

by fromtakatu | 2009-01-28 17:20 | 徒然 | Comments(4)  

最近のお気に入り

f0171541_13282482.jpg


最近のお気に入りの一枚。筒美京平トリビュート『the popular music』。

割と昭和の往年の歌謡曲とかも好きだったりします。
メロディがシンプルで美しくて、誰が聞いても
すっと意味が分かる素直でストレートな歌詞が胸を打つんですよね。

ある日、私の大好きな昭和の名曲
『木綿のハンカチーフ』
これまた私が好きなスピッツのボーカルの
草野マサムネさんがカヴァーしたものがCMで流れていました。

『おお!!これは(゜o゜)!!』と思い、すぐにネットで調べてみたら
作曲家筒美京平氏のトリビュートアルバムに収録されていることが
分かり、即購入。。

木綿のハンカチーフは都会に出て行った恋人(男)を
故郷で待つ女性の歌です。

『華やいだ街で君への贈り物を探すつもりだ』という恋人に
故郷の彼女はこう返します。
いいえ、私は欲しいものはないのよ。
ただ都会の絵の具に染まらないで帰って。

また、『見間違うようなスーツ着た僕の写真を見てくれ』という恋人に
故郷の彼女はこう返します。
いいえ、草に寝転ぶあなたが好きだったの。
でも木枯らしのビル街、からだに気をつけてね。

もう私は泣いちゃおうかと思いました(~o~)!!!!。
切ねぇ~~~~~!!!!!
また草野マサムネさんの哀愁ある歌声がグッとくるんですよね。


ちなみにこのアルバム、クレイジーケンバンドがカバーした
『また逢う日まで』も収録しています。これもまたやばいです。
[PR]

by fromtakatu | 2009-01-19 13:53 | 徒然 | Comments(4)  

友達が来た~~~!

先日東京の短大時代の友人が、3歳と6歳の娘を連れて
遊びに来てくれました!

去年同じ時期に来てくれた時には、一緒に札幌、旭山動物園を観光しました。
今年は我が家に一泊。二日目は登別温泉の旅館に一泊というスケジュール。

私のダンナはけっこう子供に好かれる方なので、
子守をしてくれればという狙いで、登別温泉にはダンナも巻き込んで
一緒に行くことにしていたのですが、
この狙いがもう的中というか、すごかったのです!!。
子供に好かれるというレベルではなく確実に愛されちゃってましたね(^_^;)。

どこに行くにも『○○くん(うちのダンナ)と一緒に行く~!!』
食事も『○○くんの隣で食べる~!!』ちょっとダンナの姿が見えないと『あれ、○○くんは??』

上のお姉ちゃんなんか『あ~、大人だったら○○くんと結婚するのになぁ』なんて
切なげに友人にもらしていたそうです。

f0171541_18185364.jpg


      ↑
旅館の移動もこんな感じです。その後ろを私が一人でトボトボ(笑)。まぁいいけどさ。

2泊目の登別温泉では、友人にたまにはゆっくり一人で温泉につかって
もらおうということで、私とダンナで子供2人を預かり、プールで
遊ばせました。
ドサクサに紛れて久々に自らスライダーなんて滑ってしまいました(#^.^#)。

2人の幼子の愛情を一身に浴び、ダンナもにわかに父性が目覚めたようで
かいがいしく子供達の世話を焼いていました。
そのおかげで、私と友人はゆっくりとおしゃべりを楽しむことができたかな。

そんなんだったので最後登別駅でのお別れは涙涙で大変でした。
下の子はまだ幼いので、あまりよく分かっていないようでしたが
お姉ちゃんがね、すごく泣いてしまって、そしたらダンナも泣き、
そして私もえいやぁ~もらい泣き。

友人の話では飛行機が北海道から離陸するときも、機内で一泣きした
ようです(#^.^#)。

かわいいな~。
子供の感情表現って素直でキラキラしてて、たまに目の当たりにすると
三十路の私には眩しい限りです。

f0171541_18353657.jpg


子供2人を連れてはるばる遊びに来てくれた友人にも感謝。
良い時間を過ごせました☆。
また来てね!
[PR]

by fromtakatu | 2009-01-11 18:45 | 旅日記 | Comments(2)  

新しい一年

f0171541_15343996.jpg

 ↑
初詣での帰りに市内をドライブ。

新しい一年が始まりました。
今年もこのブログ、マイペースに続けていきたいと思いますので
どうぞよろしくお願いします!

家業は年中無休☆24時間営業ですが、大晦日はラッキーなことに
早番だったので、早い時間からお酒を飲んで、義母ご用意してくれた
おせちなどを食べ、紅白を見てゆっくり年越しができました。

そして元旦は午後からお仕事。
いつもと客層が違い、お正月で集まっている家族が3世代揃って
買い物に来ていたりするので、お店の中は妙にざわついており
けっこう忙しかったです。

途中小学低学年くらいの子供に
『なんでこのお店は、お正月なのにやっているの?』と真顔で聞かれました。
同感。私もそう思うよ(;一_一)。

この年中無休ペースにも既になじんできていますが
たまにふとこの先30年近く、自分には正月休みというのが
ないのかと思うと切ない気分にもなったりします。

でも以前、年上の会社経営者の友人に、
『年中無休はサービス業の誉れ。いまやコンビニは防犯の面からも
地域で担う社会的役割は大きい。頑張って』
と言ってもらえたことがすごく励みになっています。
さすが経営者。相手を気遣い、やる気にさせるような良いことを
サラリと言うよね~!!(はるな愛風に)。

新しい年はやる気に満ちた良い一年にしたいなぁ。
お店関係の経理に役立つような勉強もしたいし
趣味の写真も積極的にたくさん撮っていきたい。
PCでの写真加工のスキルも身に着けたい!!。

この一年が終る頃に、出来るようになっていることが今より
たくさん増えているように頑張ります!

そして健康管理もしっかりと。去年は幸い夫婦ともども風邪を引いて
寝込むということもなく、限りなく健康体で過ごすことができました。

そして夫婦仲良く。この商売(家族経営)でこの環境(慣れない土地)で、
夫婦仲が悪かったら本当に不幸なことなので、そこは一番気をつけて
やっていかなきゃね。

新しい一年、新しい気持ちで頑張ります。
[PR]

by fromtakatu | 2009-01-04 16:09 | 徒然 | Comments(4)