Kitanohibiki


北海道生活8年目。子育てや日々の出来事の記録。
by fromtakatu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2011年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

地震のこと。

f0171541_11371391.jpg

久々の更新です。

実はまだ東京にいるのです。
当初の北海道に帰る予定日の数日前にハルチンが風邪を引き
日程を延期したことは以前の日記に書きました。
そしてそれから東北関東大震災が起き、帰る予定だった日の
3日前から首都圏での計画停電が始まりました。

最初のうちは電車のダイヤも乱れに乱れていたようで
テレビのニュースには人であふれかえる駅の映像が映し出され・・・。
実家から通常でも電車で一時間半近くかかる羽田空港に
この混乱の中、赤ちゃん連れで行くことに不安を覚え、
事態が落ち着くまでとさらに日程を先延ばしにしたのです。

北海道に帰るのは明日の予定です。
3度目の正直。明日は無事帰れるでしょう!!。


それにしても・・・・・本当に大きな災害が起きたものです。
新聞にのっている被災者の方の一人一人のエピソードを読んでは
何度も何度も涙しました。

親兄弟の安否が分からず、連日避難所を巡り
家族を探す小学3年生の男の子。
海の近くのプールで部活動をする生徒達を避難させるために
プールに向かったまま行方の分からなくなった生徒思いの二十代の先生。
里帰り出産の為に戻ってきた実家で被災し、行方不明になった妊婦。

毎日ニュースでは死亡者や行方不明者の数が更新されていきますが
その一人一人にそれぞれの色んな人生があると思うとき
本当に今回の震災が奪ってしまったものの大きさが改めて
重くのしかかってきます・・・・・。

今現在避難所で大変な思いをして生活している方たちも
少しでも早く落ち着いた生活を取り戻すことができるよう
心から願わずにはいられません・・・・。

そして被災していない自分に今できることも
しっかり考えてやっていきたいなと。

私が尊敬している年上の友人のブログに
『被災していない私達がなるべく通常通りに過ごすことが、復興への
第一歩だと考えている』とありました。

連日の報道ですっかり心が萎縮していて、しまいには体調を崩し
二日寝込んでいた私。本当にその通りだなと思いました。
まずは自分の日常をしっかり生きること。
家族に愛情を持って接し、毎日を丁寧に過ごしていきたいです。

今は募金、買占めをしないくらいしかできないけれど。
今回の復興には長い時間を要することになると思います。
今だけではなくて、長い目でみた手助けが出来ればと思います。

写真は実家の近くの寒緋桜。
東北の地にも、季節だけでも早く春が訪れて
避難所で寒い思いをして暮らしている人たちが、
少しでも暖かく過ごせるようになりますように。。。。
[PR]
by fromtakatu | 2011-03-25 11:40 | Comments(2)

トップオブ豆大福

f0171541_884155.jpg

文京区音羽にある老舗『群林堂』の豆大福。


うちの母は大の豆大福好きです。
なので私が実家にいた頃は、出かけて家におみやげを買って帰るときは
豆大福にすることが多かったのです。

そんな母が、今回私が里帰りしてから2度ほど
『文京区にそれはそれはおいしい豆大福のお店があるらしい』
ということを口にしていた。雑誌に載っていたようで、いつか買いに行こうと
切り抜きを取っているとのこと。

そんな矢先、私が前職場の友人と再会。
その友人が、なんと偶然にもそこの豆大福をおみやげに
買ってきてくれていたのです!!。
その友人は文京区在住で、その豆大福屋さんもご近所さんらしい。

写真は4個ですが、実際は6個頂きました。
興奮した母と私で、家に帰るなりぺロッと2個たいらげちゃったもんで。。。。

いっや~、超超超超超超超うますぎでした~!!!!!!

あんこはねっとり程よい甘さ。豆はプリップリ。
(う~ん、表現力が乏しいな)
今まで食べた和菓子の中でも確実に一位なんじゃないか!?
その後帰ってきた父も食べて大絶賛!。

父と母でもう少し暖かくなったら、谷中散歩をしながら
また豆大福を買いに行こうと仲良く盛り上がってました。
おいしい食べ物は幸せを運びますね♪♪。

友人よ、本当にありがとう!
[PR]
by fromtakatu | 2011-03-11 08:23 | 食♪ | Comments(2)

発熱&予定変更

本当は今日北海道に帰る予定だったのですが・・・。
3日前、ハルチン発熱しました!!。
夕方くらいから鼻水をタラタラと垂らし始めたので嫌な予感はしていました。
そしてその日の夜、一度は寝付いたものの
何度も何度も泣いては目を覚まし、うまく寝れない様子。
なんだか体も熱い気がする・・・と思い熱を測ったら39.6度!!
ここまでの高熱は初めてだったので母ちゃんビビりました。

ちょうどタイミング良くトイレに起きてきた母を巻き込んで
地域の広報誌を見て夜間診療をしている病院に電話。
一番近かった病院には『小児科医が今いないので』と診療を
断られ、結局私がハルチンを出産した、隣の市の市立病院が
診てくれるというので、母を伴いタクシーを飛ばして受診してきました。
夜中の3時くらいかな。
ちなみに、別室で寝ていた父はこの騒ぎに全く気づかず(笑)、
寝続けていました。

家ではグッタリしていたハルチンですが、なぜか病院の待合室では
ニコニコ笑ったりと元気な様子になりちょっと安心。
診てくれた小児科の先生は若く優しい女医さんで
ハルチンもニコニコ。途中聴診器を当てられたときは号泣して
ましたが・・・。
発熱から24時間たたないと、インフルの検査はできないようで
とりあえず家で様子見ですね~ということで
解熱剤と鼻水の薬を処方されて帰ってきました。

朝には38度台まで熱は下がり、おっぱいもよく飲むし
熱があるだけで、本人は至って元気に遊んでいました。
赤ちゃんは熱に強いって言うけどほんとなのね。
私だったら38度あったら布団から出れないけどね。

昨日は既に平熱。鼻水は垂らしていたり
たまに喉がヒューヒュー鳴って気管支にきている感じは
しますが、インフルや突発発疹ではなく、ただの風邪でしょう。
重症化しなくて良かった~とホッとひと安心。

まぁこの里帰りの期間、ハルチンをつれて色々出歩いていたので
風邪を引くという事態はある程度予測はしていました。
あぁやっぱりきたかって感じ。
そんなわけで北海道のダンナと相談し、帰る日程を一週間ほど
遅らせました。
『ハルチンがくれた休暇だと思って、もう一週間ゆっくりしてきな』と
言ってくれたので、ハイ、心置きなく。

ちなみに受診した市立病院、内装がけっこうしゃれていて
病院といった殺伐とした雰囲気ではなく
夜間受付の係の方も診てくれた先生もすごく優しくかった。
何より一年前にハルチンを出産したときの病院なので
そのときのハッピーな記憶がよみがえって、
いるだけでなんだかすごく癒されました。

途中夜間受付の電話が鳴り、陣痛が始まった妊婦さんからの
連絡っぽい内容だったり
もうすぐ子供が生まれるダンナさんが、連絡を受け
立会いの為にやって来ていたりと
一年前のことを思い出し、私までドキドキしてしまいました。
そして一緒に行って私も産んじゃおうかと思いました(え?何を?)。

そんなこんなで東京滞在、もう少し続きます。
[PR]
by fromtakatu | 2011-03-08 12:33 | Comments(2)
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
megさん お久しぶり..
by fromtakatu at 23:19
ひさしぶりにのぞかせてい..
by meg at 12:58
ピノさん、コメントありが..
by fromtakatu at 23:38
私も久しぶりにお会いした..
by ピノ at 20:11
エリツィンさん 苦労し..
by fromtakatu at 23:24
エリツィンさん ありが..
by fromtakatu at 23:23
エリツィンさん あの夜..
by fromtakatu at 23:22
妹弟ができると赤ちゃん返..
by happy-eritwin at 21:32
素敵な制作だね!
by happy-eritwin at 21:27
旦那様には気の毒な思い出..
by happy-eritwin at 21:26
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧